ライビーナ

2005年06月09日

スッピンこそ美肌を保つ秘訣

以下は、健康常識についての情報ですが、これが果たして正しいかは、個人個人の価値観や主観でそれぞれ異なります。あくまで読み物として、軽い気持ちで深く捉えないで下さい。


■【女性の肌の老化、シワの最大原因は化粧。メーク、ファンデーションの害】
  【男性は女性に化粧を強要しないで!スッピンこそ美肌を保つ秘訣】

女性が身だしなみを整えるのにファンデーションは必須と考えられています。
いつの間にかほとんどの女性は毎日化粧するようになりました。会社に勤めてい
る方はもちろん家にいる主婦まで毎日メークをしている方が多くおられます。
会社やお店などで接客もあり、必要とも考えられますが絶対に必要なものでは
ありません。会社の上司は化粧するのが当然と考えておられると思います。化粧
しないで出勤したら上司に大変怒られると思います。女性なんだから化粧くらい
きちんとしろよと。

化粧は毎日するものではありません。もともとお祭りや冠婚葬祭、パーティのときな
ど特別の時だけしていたものです。なぜ皮膚呼吸を害し、肌を荒らし、シワを作り、
老化を早める化粧を毎日するのでしょうか?

女性の側からすると、シワやシミ、肌荒れを隠していつもキレイな状態にして自分の
顔を見せたいという思いがあります。男性の側からすると、いつも化粧したキレイな
女性達であってほしいという願いがあります。肌が本当にキレイだったらメークしな
くても口紅だけつけるくらいで十分なはずです。
家にいるときまで奥様に化粧することを要求されるご主人がおられますが、今
キレイに見えても晩年肌が荒れ、シワが多くなり早く肌が老化していきます。
奥様に年とってもキレイな素肌でいてほしいと願うなら普段はメーク化粧せず、
素肌でいることを勧めて下さい。

会社の上司は部下の女子社員には化粧を強要しないで下さい。
化粧を全くしない中学生や高校生は肌がとてもキレイです。たとえ部活で日焼けして
いてもキレイです。それが大学や社会人になり、化粧を始めてからだんだん肌が汚れ
ていくようになります。顔全体に厚く塗るメーク、ファンデーションが肌を荒らして
いく最大原因になっていくのです。

メーク、ファンデーション類には完全な自然成分のみで作ることは困難です。
肌の負担になる数多くの成分を配合しないと作れません。例えば
肌色を出すためのタール系の色素、紫外線防止(遮断)する成分、肌色を均一にする
ための成分、化粧持ちを向上させる成分、使用感を向上させるための成分、摩擦を
軽減させるための成分、酸化防止剤などです。

一例ですが以下のような成分を配合します。
酸化チタン、酸化亜鉛、マイカ、酸化鉄、シリカ、タルク、カオリン、ジメチコン、
パーフルオロアルキルリン酸DEA、水酸化アルミニウム、メチコン、PEG−40
ジミリスチン酸アルミニウム、アルミナ、トリオクタノイン、トリイソステアリン
酸、トリメチロールプロパン、カルナバウロウ、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−2、
ジオクタン酸ネオペンチルグリコール、ミツロウ、ワセリン、ポリメタクリル酸メチル、
ナイロン、ビニルジメチコン、クロスポリマー、メチルパラベン、クオタニウム−1
8ヘクトライトイソ、ステアリン酸ポリグリセリル−2、ジメチコンコポリオール、

ファンデーションの害はこれ等の金属成分、化学物質、自然成分などの混合物を肌に
一日中貼り付けておく訳ですから肌に負担にならないはずがありません。
ファンデーションは毛穴や皮脂腺を塞ぎ皮膚から出る汗や老廃物排出を妨げることが
最も大きな問題点です。更にほとんど全てのファンデーションには紫外線を防ぐため
に紫外線吸収剤が配合されていて、この紫外線吸収剤は肌に付かない性質があるため
糊剤という接着剤のような化学物質が使用されています。接着剤で肌から落ちないよ
うにしているのです。これはパウダータイプ、リキッドタイプも、ゲルタイプも同じです。
糊剤や接着剤が肌の皮膚呼吸を更に妨げる原因になり、肌の負担にならないはずが
ありません。

皮膚は皮膚呼吸しているというと反対の意見を言う皮膚科医の方がおられます。
皮膚で呼吸できるのはカエルなどの両棲類だけで、皮膚を介して空気が出入りする
事はない。 「人間は皮膚呼吸していると言うからには,肺と関連があるはずだ。
皮膚で呼吸している」という考えは間違いであるというのです。

呼吸というと心臓や肺を通る肺呼吸が代表的なものですが、実際に皮膚も呼吸して
います。その量は肺呼吸の5%ほど行われているのです。肺だけで呼吸しているので
はありません。皮膚の毛穴や皮脂腺を通じて行われているのです。
皮膚からは空気は入らないように考えられていますが、皮膚からもイオンという
形で空気中の成分やミネラルが入っているのです。

火傷を全身の3分の1以上すると命が危険になります。全身に金粉を塗り踊るダン
サーはせいぜい30分が限界と言われています。全身にペンキを塗ると生命が危険な
状態になります。もし皮膚呼吸してないとしたらこのようなことは起こりません。

一日中化粧してファンデーションを顔に貼り付けていると、家に帰るなりすぐ洗顔
して化粧を落としたくなりませんか?洗顔してメーク、ファンデーションを完全に
落とすと呼吸が楽になるくらいすっきり、さっぱりしませんか?

ファンデーションに含む化学物質や糊剤により皮膚呼吸を止め、肌の水分を奪い、
肌を乾燥させ、老化を早め、シワの原因になるものを毎日塗る気がしますか?
今のシミやシワを隠すために、後でもっとシワが増え老化が早まることを、いつまで
繰り返すのでしょうか?

正しい洗顔剤で冷水洗顔をして皮膚呼吸を十分にさせてやれば肌はだんだん
甦ってきます。メーク、ファンデーションを止め、食を正していけば肌はいずれ
キレイになっていきます。

シミの原因は紫外線ではありません。
ズバリ、油が原因です。魚、肉の脂、油、揚げ物料理の好きな方がシミが出来
やすくなります。これらの油は酸素に飢えていて、血液中の酸素を多量にうばっ
ていきます。そして血液中の酸素と結び付いて過酸化脂質という非常に酸化し
た油に変化していきます。この過酸化脂質は血液細胞を次々と破壊していくようにな
ります。血液細胞が破壊されると、血小板がむき出しになります。
血小板とは出血の際に血液が固まって傷口を塞ごうとする止血の作用をするも
のです。この血小板が血管の中で酸素と結びついて凝固していくようになります。
最初は小さな固まりですがどんどん固まりが大きくなって皮膚血管末梢に流れ、
末梢の血管は詰まっていきます。
この皮膚の末梢の血管に凝固して血栓として黒く固まったものがシミです。
即ち、シミは魚、肉、植物油などの変化したものです。食がいかに大切か理解
して下さい。

シワの最大原因はメーク、ファンデーションによる皮膚呼吸を止めることであり、
次に石鹸などによるぬるま湯洗顔もシワの大きな原因になります。
またほとんどの人が食べている自然塩の味噌、醤油の『にがり』の害による皮膚細胞
の硬化、老化などが原因になっています。
世界初の皮膚呼吸を止めないファンデーションも開発されていますのでお試し下さい。

メーク、ファンデーションを止める勇気を持って下さい。ファンデーションのいらない
素肌美人になって下さい。隠す肌から見せる素肌美を取り戻して下さい。


posted by sosio at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | あくまで読み物として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 過酸化脂質過酸化脂質(かさんかししつ)はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたものの総称である。過酸化脂質は主に脂質の不飽和結合に対して一重項酸素やハイドロペルオキシラジカ..
Weblog: 化学物質いろいろ
Tracked: 2007-07-29 07:09


Excerpt: 水酸化アルミニウム水酸化アルミニウム(すいさんか—)は化学式 Al(OH)3 で表される無機化合物である。比重は約2.42。酸やアルカリに溶け、水、アルコールに不溶。熱すると酸化アルミニウ..
Weblog: 化学物質いろいろ
Tracked: 2007-07-29 16:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。