ライビーナ

2005年07月15日

農薬使用野菜と無農薬野菜

以下は、健康常識についての情報ですが、
これが果たして正しいかは、個人個人の価値観や主観でそれぞれ異なります。
あくまで読み物として、軽い気持ちで深く捉えないで下さい。


■【農薬使用野菜と無農薬野菜の栄養、ミネラルの差は60%くらいです!】


●塩辛いオカズを作る時、野菜の種類は多く必要ありません。その季節に取れ
る数種類で十分です。大根や人参などはほぼ一年中出ています。結局、私達は
畑の中の土のミネラルを大根や人参から摂っているのです。土を食べる健康法
があるくらいです。野菜を通じて土の中のミネラルを食べているのです。

たとえ農薬、化学肥料で汚染されている畑でも土の形をしている以上、どんなに
汚染されていても無農薬の畑の40%くらいのミネラルは残っています。約半分
のミネラルがあるのですから無農薬でなくても土のミネラルを野菜が吸収します。

野菜に関しては農薬使用と無農薬、無化学肥料の栄養価値は60%ほどの差で
すから、1食に2切れしか必要ない大根を5切れ食べれば済むことです。
野菜に残留する農薬の害は栽培中の土壌や太陽のエネルギーでほとんど分解
されます。そしてマグロや魚介類に残る農薬の害と比較すれば無に等しいくらい
の微毒です。

更に野菜は煮込んでアクを抜きますので農薬の害は考える必要はありません
ただ無農薬野菜は味が全く違うくらい別格の美味しさだということです。
味をそれほど気にしない方は、農薬使用野菜の害をあまり気にしないで自由に
選んで下さい。農薬使用野菜でも味付けしだいで無農薬野菜よりも美味しくで
きます。無農薬野菜にはあまりこだわる必要はないということです。

農薬使用を肯定している訳ではありません。現状では農薬、除草剤全廃には
時間がかかり過ぎるからです。あくまで農薬全廃運動をしていきます。
大きな理由の一つは最も美味しい魚介類が安心して食べられないからです。




posted by sosio at 03:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくまで読み物として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。